貸事務所が成功の鍵を握っている|レンタルで手軽に起業する

婦人

オフィスの効率化

話し合い

無駄なスペースを削る

近年ではサラリーマンの働き方や意識が変化し、無駄な会議をできるだけ開かないようにする傾向が見られます。だからこそ、むしろ貸し会議室の需要は増加しています。普段は使わない会議室を社内に設けていると、スペースや賃貸料の無駄になります。使う時だけ貸し会議室を利用すれば、経費を削減する効果が望めます。社外との打ち合わせにも、貸し会議室は有効活用できます。セキュリティ管理や応接の手間が省けるという利点もあります。こうしたメリットはスモールビジネスほど大きいと考えられるため、ベンチャー企業が増えればそれだけ貸し会議室の利用も増えていくでしょう。もちろん既存の大企業がコストダウンのために導入することも可能です。

多目的な利用が可能

貸し会議室は会議の場として使用する以外にも、さまざまな使い方があります。代表的なのは学生相手の会社説明会や採用面接です。定期的に大人数を収容できる場所が必要なとき、目的に応じたスペースを確保することができます。また社員研修や顧客相手のプレゼンテーション、セミナーやマスメディアとの会見などに使う方法もあります。さらに会社組織だけでなく、趣味のサークルで活用している方もいます。貸し会議室を選ぶときは、立地条件やサービス内容をチェックすることが大切です。参加者がアクセスしやすい場所にあることは第一の条件となります。付属設備が整っているか、受付スタッフやケータリングが利用できるか等は、必要に応じて検討しましょう。